So-net無料ブログ作成

iPhoneアプリ [Music]


(2009.07.03 GR Digital II)



iPhoneアプリ



普段iPod Tuchを使っているんだけど、どうしてもiPhoneにしたいと思ったのが、iPhoneアプリの存在

まずは崇拝するアーティスト、ブライアン・イーノが作ったアンビエント・ミュージック・コンポーザーBloom

iPod Tuchでも使えるんだけど、iPhoneはスピーカーが付いているから人に見せるとき便利なんだな!

当然ヘッドホンで聴いたらかなり良い感じ!

イーノの世界観が簡単に体験できるのは素晴らしい!!



...で、次がイーノのBloomをより進化させたというか、再現性に優れた楽曲制作ができるのがSynthPond...


Pondと呼ばれるサークル状のエリアに4種類のノードを並べて、ミニマルなシーケンスを作っていくというアプリケーション...

かなりはまる


最後は、Roland TB-303、TR-808、TR-909をシミュレーションしたアプリtechnoBox
ミュージシャンにはお馴染みのソフトReBirthの感単版って感じ



まだまだおもしろいアプリが死ぬほどあるのがiPhoneのおもしろいところ!!


写真のレタッチ、エディットソフトもたくさんあるので重宝しそう





ゲーム機と化したiPhone...

買ってからまだ一度も通話してません...



nice!(17)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オヤジ・ギタリスト [Music]

20090221_20.jpg
(2009.02.21 さいたまスーパーアリーナ / GR Digital II)




先週のコールドプレイに続き、今日も行ってきました「たさいたまスーパーアリーナ」




Jeff Beck & Eric Clapton




僕らの世代ではカリスマ的なギタリストである


特にJeff Beckは僕の人生を変えたと言っても過言ではない人...



ぞれぞれ1960年代から活躍しているギタリスト...

Jeff Beckなんて今年で65才、Claptonも64才

70才手前の爺さんがなんてパワフルに活躍してるんだろうか...



ロックインストの名盤「Blow By Blow」を聞いたときの衝撃は今でも忘れない

その後、はじめて生Jeff Beckを観たのが確か高校生の時

Jeff Beck with Stanley Clarke Live in Japan

そのLiveが僕を音楽の道へと導いてくれた



あれからもう何年?


Jeff Beckも爺さんになったけど、僕もかなりのおっさんになった...

あの頃こんなJeff Beckや自分の姿なんてかけらも想像できなかったな...



今回のLiveに内容は、

最初Jeff Beckバンドが1時間、その後30分の休憩の後Eric Claptonバンド、そして最後30分がErick ClaptonのバンドにJeff Beckが参加するといった予想通りの展開

日本人相手ということでかなり手は抜いていたけど、かなりの音量で結構楽しめました...



それにしても客層が結構なおっさんばかり...

かなり加齢臭の漂うさいたまスーパーアリーナでございました..



Liveが終わって速攻家に戻り、今度は近所のライブハウスPowresで行われているTiyoPonのLiveへ...

先日のPV撮影でお世話になった村上"ポンタ"秀一氏にヘッドホンのプレゼント

軽く挨拶してすぐにずらかる...


メンバー達とゆっくり飲んでいたかったけど、明日から北海道旅行!!

朝6時半の飛行機なので、今日はさっさと寝ます...



ところで、今日北海道は大荒れの天気で、かなりの飛行機が欠航したということなんだけど、明日はちゃんと飛んでくれるだろうか?

ちょっと心配...





nice!(19)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

COLDPLAY Viva La Vida Tour [Music]

20090211_20.jpg
(2009.02.11 さいたまスーパーアリーナ / GR Digital II)




今日はColdPlayのLive



ここ最近の車で一番よく聴くバンド



お気楽で良い感じのバンドです...



演奏はメチャ下手だったけど、若いバンドの勢いを感じた



グラミー受賞おめでとう!!






来週はおじさんギタリストのLiveだ!!





それにしてもさいたまスーパーアリーナ...

遠すぎるよ,,,






nice!(25)  コメント(14)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

本業に戻る [Music]

20081125_01_out.jpg
(2008.11.25 自宅作業場 / GR Digital II + LooksBuilder )




ようやく映像編集仕事が一段落付いたので、今日からは本業のミュージシャンモード



ちなみに私、映像は副業で、本業はミュージシャンなのです!!
(自分でも忘れてるけど!)




物置に眠っていた銘機ドイツWaldorf社のシンセサイザーQ(上の写真)を新たにセッティング...

最近のトレンドはソフトウエアシンセサイザーといわれるもので、パソコン内のソフトでシンセをシミュレートするというもの

図体のでかいオールドシンセはここ3年くらい使っていなかった

ワイアリングも面倒だし、ノイズの元だからね...



しかし、ここ数日楽曲作ってるとオールドシンセの図太い音が欲しくなってきた


しかも来年ライブすることを考えれば、ソフトウエア音源に頼るのもちょっと怖い



ということで、本日はWaldorfのQをはじめ、GRギターシンセもセッティング

あと2台シンセをセッティングして、ライブを前提とした楽曲作りに入る




これ作業部屋(Music Side)...


20081125_02_out.jpg
(2008.11.25 自宅作業場 / GR Digital II + LooksBuilder )




機材だらけでだんだん身動き取れなくなってきた...




nice!(41)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

メトカーフ知ってる? [Music]

2008-08-04_05.jpg
(2008.08.04 雑司ヶ谷 / GR Digital II )



野良猫は一杯いるけど、野良犬って見なくなったなぁ〜




話は変わって...


先日なにげなく購入したCD

2008-08-03_04.jpg

John Metcalfe A Darkre Sunset

ジョン・メトカーフ...今まで全く知らなかった...
元々はクラシック系のアーティストなのか?
エレクトロニックなんだけど、丁寧なオーケストレーションがミックスされている感じ...
ちょっとミニマル入ってるし...


仕事しながら聴くにはなかなか良いアルバムだ




やっぱり、音楽的鍛錬を受けた人の音楽は聴いていて安心する



nice!(19)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シンセサイザー [Music]

2008-07-26_52.jpg



KORG DS-10



昔勤めていた会社の後輩であり、今でも仲良しの佐藤君が開発した



出来上がったら送りますね!という約束通り、発売日の昨日宅急便で届いた




このDS-10はニンテンドーDSをシンセサイザーにしてしまうソフトウエア

往年の名器KORG MS-10をシミュレートしたソフトウエア・シンセサイザー2つとドラムマシン、16ステップ・ステップシーケンサーにエフェクトが加わって、ちょこっとした楽曲制作が出来るのだ


早速さわってみたけど、結構はまるね!

おもしろい...

そして気になる音だけど、DSって結構音良いじゃん!


これで移動中の飛行機とか、楽曲のベースパターンくらいは作れるな!


ちょこっとテクノ系の音楽を作ってみたいという方にはお勧めです!







ちなみに普段の作曲仕事でもKORGのソフト・シンセは結構活躍している


2008-07-26_52 (1).jpg

ディスプレイ右上が今回のDS-10と同じMS-10をシミュレートしたMS-20

左の青いのが一番活躍してくれるMonoPoly


こういったシンセサイザーをシミュレートするプラグインのおかげで、何台ものシンセサイザーをMIDIでコントロールして、ミキサーに繋いでという面倒なことが無くなった...



楽器業界(特に電子楽器)が低迷する中、おもしろい製品を開発し続けるKORG

これからも頑張って欲しい!!




ありがとうね!佐藤君!!





nice!(12)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

子供の日 [Music]

5月5日は子供の日


なので、精神年齢永遠の14歳である自分にプレゼント...



amazonでCDの大人買い



20枚位購入




早速iTunesに取り込むと..

2枚重複




すでに持ってるものを買ってしまってる...



精神年齢は子供でも、頭はアルツハイマー



やだねぇ〜 歳取るのって




そんな中10年ぶりのニューアルバムを出したポーティスヘッド


いい感じじゃないですかぁ〜


41xbxY56HBL._SS500_.jpg

Portishead THIRD



このゆるさ加減がいいですな!


マドンナ姉さんのHard Candyも最高!
いつもいつも最新のテクノロジーと最先端のアレンジはかなり勉強になります...

その他変わったところでは、アイスランドのバンドSiger Rosやら...


そうそう、一番楽しみなのはCOLDPLAYのニューアルバム...
これは6月11日に発売となります!!




ま、こんな感じで欧米系のCDばかり買い込んだわけですが、ベビロテで流れているのはPerfumeだったりします...



チョコレイト・ディスコのフレーズが頭から離れない...





やるな中田ヤスタカ...





nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

音楽活動・再・再・再開 [Music]

Ultimate Rhythm & Noise

これが僕のバンド...

1999年結成

幾度かのメンバーチェンジを繰り返すも、ボーカル・川中茂則、キーボード・中道勝彦との3ピースで活動中...

しかし、遂に2007年、Liveをすることはなかった...

といっても、活動していなかったわけではなく、

CMやVP、番組等の楽曲制作は結構行っている...


前にもアップしたムービーです ↓


この曲、CM曲の予定でレコーディングしたんだけど、最終平原綾香に負けてしまった...
(全然ジャンル違うじゃん!! DEN●SUさんよぉぉ〜)





そんな中、先週新メンバーの声質&キーチェックを行った...


ゴーカク!!!


で、早速本日から楽曲制作開始...









新生Ultimate Rhythm & Noiseは...





ツインボーカルだ!!!




春くらいにお披露目できるかな?


nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

IN RAINBOWS [Music]





本日夕方宅急便が届く...

全く覚えのない発送先...

ずっしりと重く、しっかりとした梱包

開けてみると...


Radio HeadのIN RAINBOWS BOX
CD2枚にアナログ盤2枚とブックレットが豪華なボックスに入っている...



僕は最近の音楽をあまり聴かない...

...といっても普通の同世代の人達に比べるとメチャクチャ聴いているみたい...

でも、若い頃に比べると冒険してレコード(じゃなくてCDダネ)を買うことが少なくなった...

あっ!、でもこの前ないげにITMSで買ったThe Bird and the Bee(ボーカルの女の子がリトルフィートのロウエル・ジョージの娘さんなんだって!)とDE DE MOUSE、I Am Robot and Proudは最近のヘビロテです。
(う〜ん...結構買ってるなぁ〜)


話それました...


そうRadio Head...

かなり好きです

そんなRadio Headがこの夏(だったかな?)レコードレーベルを介さず、自分たちのサイトで楽曲を販売するという事を始めた。しかもアルバムの値段は購入者が自由に設定できるというもの...

当然1円でも100万円でもいい...

いくらでダウンロードしようかな〜とサイトを見ていたとき、12月頃にボックスセットも出すよ!みたいなことがあったのでそちらを購入することに...

こちらは40ポンドくらいだったかな?
(カード決済の明細をみたら9,731円だった...)

このボックスセットは申し込み時にアルバムのダウンロードも出来たのでNewアルバムIN RAINBOWSはその時から聴くことが出来た

それはそれは素晴らしい出来で感動...

自由な値段設定で一体元が取れるのか心配したけど、意外とみんなまっとうな料金設定をしたみたいで、めっちゃくちゃ売り上げが上がったってなんかのニュースを見て安心した...







僕も多少なりとも音楽業界に携わってきた...

そんな中で、レコードレーベルとしてのビジネスも分かるし、アーティストの本当のやりたいことも分かる



しかし、今のレーベル(全てじゃないけどね)は酷すぎる...

ビジネスに走りすぎている

その結果が今の音楽業界を表している...

盗作ギリギリの楽曲が、TVや映画、ゲームといったメディアと組んで、あらゆるシーンで無理矢理脳を侵してくる...


ま、この辺のことをこれ以上書くと色々と問題になるのでこの辺で...


そんな中、ワールドワイドで爆発的に売れているレディオヘッドが自主販売に切り替えた...
(そういえばプリンスも発売前のアルバムを新聞に貼り付けてニュースになってたなぁ〜)



これは今後あらゆるミュージシャンに影響をあたえ、それが素晴らし楽曲を生み出すと信じている...




nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Paul McCartney [Music]






AppleのITMS(iTunes Music Store)からEMIレーベルの楽曲の発売が開始された

目玉はなんといってもPaul McCartneyだろう

僕の人生で最も影響を与えた3人の人物...


その最初の一人がPaul McCartneyだった



僕が生まれた1961年 Paulはブライアン・エプスタインとの契約を交わし、翌62年にLove Me doでBeatlesがレコードデビュー...

当然その当時はBeatlesのことは知りません...

小学校の1年生頃、隣のお姉さんが「Beatlesって凄いのよ!」って聞かせてくれたのがはじめだったんだと思う...
その頃は名盤SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BANDをリリースした頃だろう...

その後も唯一知っている外国人がBeatlesというレベルだった

改めてBeatlesが凄い存在なんだなと思ったのが1970年のBeatles解散のニュース

当時一般の新聞にロックバンドが解散というニュースが掲載されるというのは非常に珍しいこと

あれは大阪万博の年だったな...

万博会場が近かったせいか、しょっちゅう出かけていた

万博のおかげで多くの外国人を生で(?)見た

話はちょっとそれたけどBeatlesの最後のアルバムLet It Beが発売される1ヶ月前にPaulのソロアルバム「McCartney」が発売される...

Beatles解散のきっかけとなったと言われるアルバムである

しかし一番Beatlesを解散させたくなかったのがPaulだったことは今では誰もが知るところ

Beatlesの育ての親ブライアンの死、Appleレコードのビジネス的失敗、TV映画 MAGICAL MYSTERY TOUR の酷評等々、大きくなりすぎたBeatlesはメンバー自体コントロールできなかった...

そんな中、PaulはAppleの会議室で「原点に戻るためのライブ」を提案...

しかしその場にいたJhonから「頭がおかしいんじゃないか。言うつもりはなかったけど、俺はグループを抜けようと思っているんだ」という衝撃の発言

失意の中Paulはスコットランドにある農場で生活するようになる

その農場にある自宅にあったスチューダーの4トラックレコーダーとマイク1本でレコーディングを行う

それが最初のソロアルバム「McCartney」だった

世間からBeatlesを解散させたと非難をされ、音楽評論家からはソロアルバム「McCartney」を酷評される...

Beatlesの最後のレコーディングアルバム(レコーディングはLet It Beの後だけど、発売は先)ABBEY ROADのB面(当時はLPレコードだったからね!)の壮大なロックメドレーを作り上げたPaulだけにソロアルバムに対する期待が大きすぎたためだろう...

その後、妻リンダとの共同名義で名作「Ram」を発売

その後Paulは自身のバンドWINGSを結成
これまた隠れた名作である「Wild Life」を発表

小さなバンに機材を積み込み、イギリスでのライブツアーを行う

ライブツアーといってもコンサートの公表を一切行わず、コンサートの開けそうな大学を見つけ、その場で直接交渉して演奏を行うという、偉大なBeatlesのメンバーとは思えない活動を行う...
(でもこのときのライブを見た学生は驚いただろうね!!)

BeatlesでできなかったLive活動を思いっきり楽しむようにPaul&WINGSはイギリスはもちろんアメリカでも大成功を収めるようにある...

話は僕のことに戻って...

ようやくお小遣いでLPが買えるようになった僕は真っ先にBeatlesのアルバムを集め出した

中学生の頃はどっぷりとBeatlesにはまっていたような気がする...

Beatlesの中でもPaulの書いた楽曲が一番好きだった...
(名義的にはレノン=マッカートニーなんだけど)

そして同じ時期、Paul McCartney & Wingsがどんどんヒット曲を出すようになり、高校生の時はWings命!みたいな感じだった...

しかしギター少年だった僕は、Beatlesのレコーディングに参加していたエリック・クラプトンに興味が移り...
そこから3大ギタリストというコトバを知り、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジのRed Zeppelinへと聴く音楽も変わっていった...

今回ITMSでPaulのアルバムが購入できるということで、試しに1つ購入...

LPレコードでは全部持っているんだけど、CDになってからは特に気に入っていた数枚のアルバムしか買い直さなかったのだ...

LPがすり切れるほど聞いたファーストソロアルバム「McCartney」をダウンロード購入...

あまりの懐かしさに僕の心の火がついた...

全アルバムダウンロード...

夕方からすっとPaulの曲を流しっぱなし...

音楽でメシを食うようになる頃はBeatlesもPaul,WINGSも全く聴かなかった...

しかし、今日Paulの楽曲を聴いているといかに大きな影響を受けていたかがよく分かる...

それはあの豊かで美しいメロディーラインではなく、初期のソロにあるようなデモテープ的な実験的楽曲にもの凄く影響を受けた...

さらに70年後半以降の最先端技術を取り入れた楽曲作り
(当時の最先端技術といっても今ではビンテージシンセと呼ばれるMoogやProphet5等だけど...)

その絶えず向上しようとする姿勢に大きく影響を受けたんだと思う...

とにかく15年以上は聴いていなかっただろう楽曲も全て口ずさめるというのは、当時相当聴き込んでいたのが分かる...

僕も初心に戻って楽曲制作に励まないとな!!


nice!(7)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。